検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
利用登録団体Webサイト
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
RSS送信

各種助成情報

愛媛県内・外の各種助成情報を順次掲載していきます。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
こちらから最新版をダウンロード(無償)することが出来ます。
(1) 2 3 4 ... 14 »
各種助成情報 : 助成:平成31年度「キリン・地域のちから応援事業」および「キリン・福祉のちから開拓事業」(キリン福祉財団)
投稿日時: 2018-9-13 15:30:00 (75 ヒット)

平成31年度「キリン・地域のちから応援事業」および「キリン・福祉のちから開拓事業」

【キリン・地域のちから応援事業概要】
1.助成対象となる事業
障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで
生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、
高齢者、子ども等の福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して
助成いたします。なお、西日本豪雨災害などの復興応援および防災に関しても広く募集いたします。
(1)子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの
     子ども・子育て世代が主体となって実施する活動
     地域やコミュニティの子ども・子育て世代を元気にする活動を応援します。
(2)シルバー世代の福祉向上に関わるもの
     高齢者が知識・技術・経験を活かして実施する活動
     地域やコミュニティの高齢者を元気にする活動を応援します。
(3)障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
     障害のある人や困りごとを抱える人・それらを支える人(病気や困りごとを抱える人の介護者や
     応援者も含みます)が主体となって実施する活動
     地域やコミュニティの障害のある人や困りごとを抱える人・支える人を元気にする活動を応援
     します。
(4)地域やコミュニティの活性化に関わるもの
     既存の自治活動やお祭りから一歩進んだまちづくり、新たな繋がりを創りだし地域やコミュニティ
     を元気にする活動、共生社会を創る活動、災害復興等の活動を応援します。
2.助成対象となる団体
(1)4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
(2)連絡責任者は満20歳以上であること。(年齢は平成31年4月1日現在の満年齢となります。)
3.助成金額 
   1件(一団体)あたりの上限額は30万円です(総額4,700万円)。原則として単年度助成です。
4.申込受付期間
   平成30年9月14日(金)〜10月31日(水) 当日消印有効

【キリン・福祉のちから開拓事業概要】
本公募は全国や広域にまたがる取り組みが対象となります。地域内での活動は、「キリン・地域のちから
応援事業」にてお申込み下さい。(申込受付期間は同一)
1.助成対象となる事業
障害者福祉分野、高齢者福祉分野、児童・青少年健全育成分野、地域社会福祉分野のボランティア
活動を長期的な視点に立って全国や広域にまたがり実施している、または活動しようと考えている
次のような団体に対して助成いたします。
(1)障害者の福祉向上に関わるもの
(2)高齢者の福祉向上に関わるもの
(3)児童・青少年の福祉向上に関わるもの
(4)地域社会の福祉に関わるもの
   上記の、社会課題・問題を直接解決するための取り組み、啓発活動、政策提言やアドボカシー、ネット
   ワークの構築・拡大、組織強化、人材の育成、技術や技法の研究、実践のための調査や研究、モデル化、
   生活環境をより良いものにするための保全・保護活動、等が対象です。
2.助成対象となる団体
(1)10名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
(2)連絡責任者は満20歳以上であること。(年齢は平成31年4月1日現在の満年齢となります。)
3.助成金額
    1件(一団体)あたりの上限額は100万円(総額500万円)です。原則として単年度助成です。
4.申込受付期間
    平成30年9月14日(金)〜10月31日(水) 当日消印有効

【その他】
  ・募集案内・申込書等はすべて弊財団のホームページよりダウンロードできます。
     https://www.kirinholdings.co.jp/foundation/
  
  ・この件に関するお問合せ先
     公益財団法人 キリン福祉財団事務局(山形・小松代)
        TEL 03−6837−7013 FAX 03−5343−1093 
        Eメール fukushizaidan@kirin.co.jp

コメントする
各種助成情報 : 助成:2019年度環境市民活動助成(セブン‒イレブン記念財団)
投稿日時: 2018-9-13 15:20:00 (99 ヒット)

セブン‐イレブン記念財団
2019年度環境市民活動助成


セブン‐イレブン記念財団の助成制度は、店頭に寄せられたお客様からの募金で、
環境市民団体の活動を支援する助成制度です。


◆応募受付期間:2018年10月1日〜11月15日
        *11月15日当日消印有効

◆助成対象期間:2019年4月1日〜2020年3月31日

◆助成対象:日本国内の団体および活動*海外は対象外です
      環境活動を行っているNPO法人・一般社団法人・任意団体

◆対象活動分野
A.自然環境の保護・保全
           a)森林の保護・保全
           b)里地里山、里海の保全
           c)その他の自然環境の保護・保全
B.野生動植物種の保護・保全
C.体験型環境学習活動
D.暮らしの中のエコ活動
E.緑化植花活動
F.清掃活動

◆助成の種類:
1.設立25周年記念「山の森・海の森づくり助成」*2019年度限定
         ・「山の森」「海の森」の二つの視点
         ・「CO2削減」と「豊かな自然環境の再生」を進める
          ・対象活動:上記A
2.活動助成
         ・環境市民活動助成に直接必要な経費を支援
         ・対象活動:上記A〜D
3.NPO自立強化助成
         ・3年の助成期間内に、事務所家賃・専従職員の人件費などを
自主財源で充当できるよう、安定的・継続的な自主事業の構築・
確立を目指す環境NPO法人を支援
         ・対象活動:A〜D
4.緑化植花助成
         ・緑と花咲く街並みをつくる活動を支援
         ・対象活動:上記E
5.清掃助成
         ・ごみのない環境をつくる活動を支援
         ・対象活動:上記F
◆応募方法:専用申請書に必要事項を明記し、該当する提出書類を添えて、郵送にて応募
※詳しくは、当財団ホームページ(下記URL)をご覧ください。
 パンフレット・専用申請書がダウンロードできます。
 「よくあるご質問」も掲載しています。
 詳しくはこちら → http://www.7midori.org/josei/index.html

●地域の助成金セミナー開催情報(セミナー内容、助成機関、参加費は地区により異なります。)
  9月15日(土) 沖縄:沖縄産業支援センター 会議室(大)302・303号室
問合せ 沖縄県地球温暖化防止活動推進センター
TEL 098-945-2686
  9月22日(土) 北海道:札幌 かでる2.7(道民活動センター)1050会議室
問合せ 認定NPO法人 北海道市民環境ネットワーク
TEL 011-215-0148
 10月6日 (土) 大阪:大阪産業創造館 5階 研修室A・B・C
NPO法人 近畿環境市民活動相互支援センター
TEL 06-6881-1133

《応募・問合せ先》
 一般財団法人セブン‐イレブン記念財団/助成担当
 〒102−8455 東京都千代田区二番町8番地8
 TEL)03−6238−3872〔受付時間9:30〜17:00(土・日曜を除く)〕
 FAX)03−3261−2513
 eメール)oubo.19b@7midori.org
 URL)http://www.7midori.org

コメントする
各種助成情報 : 助成金:平成30年度(第25回)ボランティア活動助成募集のご案内(公益財団法人 大和証券福祉財団)
投稿日時: 2018-8-23 14:12:54 (94 ヒット)

平成30年度(第25回)ボランティア活動助成募集のご案内

詳しくは
http://www.daiwa-grp.jp/dsf/grant/outline.html

コメントする
各種助成情報 : 助成金:第3回未来応援ネットワーク事業 募集(内閣府)
投稿日時: 2018-8-9 11:42:26 (110 ヒット)

第3回未来応援ネットワーク事業 募集

募集期間:2018年8月7日(火)〜2018年9月21日(金)17:00メール必着
※締め切り後の受付は一切いたしませんのでご注意ください。
支援金額等:上限金額・・・500万円
応募方法:詳しくは独立行政法人福祉医療機構ホームページ内
http://www.wam.go.jp/hp/cat/kodomomiraikikin/
問合せ先
子供の未来応援基金 未来応援ネットワーク事業 事務局
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
電話:03-3438-4756 月曜〜金曜 AM9:00〜PM5:00(祝祭日除く)
(つながりにくい場合は03-3438-9942におかけください。)
詳細
http://www.wam.go.jp/hp/miraiouen3rd/

コメントする
各種助成情報 : 助成情報:平成30年度愛媛県NPO法人活動助成事業〔団体支援助成〕の募集について
投稿日時: 2018-8-1 16:32:55 (147 ヒット)

平成30年度愛媛県NPO法人活動助成事業〔団体支援助成〕の募集について

 県では、地域の課題に主体的に取り組むNPO法人の継続的かつ安定的な活動を支援するとともに、NPO活動の更なる活性化を促進するため、県民や企業・団体等からの寄附を原資とする「あったか愛媛NPO応援基金」を活用し、NPO法人に対する助成を行っています。
 このたび、30年度においてNPO法人の管理費及び事業費に助成する〔団体支援助成〕を、下記のとおり募集します。
         
1 募集期間  平成30年8月1日 水曜日 から 8月31日 金曜日 (必着)
2 助成内容  団体の管理又は事業活動に要する経費に対する助成
 助成金額:1団体あたり25万円以内
3 対象団体  あったか愛媛NPO応援基金団体登録要綱第4条に基づき予め登録の決定を受けた団体
 ※事前に、登録手続きをを行っていただく必要があります。
 ※県から他の補助金を得ている団体を除きます。
4 提出書類
ダウンロードページ
http://nv.pref.ehime.jp/data/html/201800000056/index.html
5 審査方法  民間の委員及び県職員で構成する「えひめ地域協働推進事業選考委員会」において選考し、その結果を基に知事が補助先を決定します。
6 提 出 先 愛媛県 県民環境部 県民生活局 男女参画・県民協働課 県民協働グループ
 (直接持参される場合は、県庁第二別館2階の北側です。)
〒790-8570 松山市一番町四丁目4番地2
TEL:089-912-2305 FAX:089-912-2444
E-mail:danjokyodo@pref.ehime.lg.jp

詳細は下記をご覧ください。
http://nv.pref.ehime.jp/data/html/201800000056/30bosyu.pdf

コメントする
各種助成情報 : 助成金:トヨタ財団国内助成プログラム 2018年度
投稿日時: 2018-7-26 16:02:07 (124 ヒット)

トヨタ財団国内助成プログラム 2018年度
一般助成(しらべる助成・そだてる助成)概要


テーマ:未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて

<趣旨>
トヨタ財団の国内助成プログラムでは、本年度も引き続き「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ―地域に開かれた仕事づくりを通じて―」をテーマとして公募を実施します。昨年度同様、事業実施に向けた調査への助成を目的とした「しらべる助成」と地域課題解決とその担い手育成をめざす事業への助成を目的とした「そだてる助成」の二つの領域を設定します。
若い世代とともに地域課題解決につながる仕事づくりに取り組む事業や、そうした仕事の担い手となる人材を育てる事業を支援します。仕事が地域で育つことにより、それざれの地域に適した持続可能で人々が幸せを実感できるコミュニティが気づかれることを期待します。

応募受付期間 2018年9月1日午前9時〜10月10日午後3時 

助成総額 1億円(しらべる助成・そだてる助成合計)

助成カテゴリー
A.しらべる助成
地域課題の発掘やその解決のために必要な調査、戦略立案、パイロット事業の実施などを目的としたプロジェクトへの助成

B.そだてる助成
地域課題解決に向けた事業の立ち上げ、実施、拡大ならびにそうした事業の担い手となる人材を育てることを目的としたプロジェクトへの助成

助成額 実施内容と申請額に基づき、選考委員会で決定された金額

A.しらべる助成:上限 100万円/件(2017年度実績平均100万円)
B.そだてる助成:上限なし(過去3年間の実績平均519万円/2年)

助成期間
A.しらべる助成:2019年4月1日から2020年3月31日(1年間)
B.そだてる助成:2019年4月1日から2021年3月31日まで(2年間)
対象となる組織 運営の中心となる組織の法人格の有無・種類は問いません

助成の決定 外部有識者によって構成される選考委員会の書類審査を経て、2019年3月に開催予定の理事会にて決定

詳細・各種ダウンロード
https://www.toyotafound.or.jp/community/2018/

コメントする
各種助成情報 : 各種助情報:第12回未来を強くする子育てプロジェクト(住友生命保険相互会社)
投稿日時: 2018-7-3 15:56:24 (132 ヒット)


第 12 回 未来を強くする子育てプロジェクト
子育て支援活動の表彰 募集要項


1.趣旨
より良い子育て環境づくりに取り組む個人・団体を募集します。各地域の参考になる特徴的な子育て支援活動を社会に広く紹介し、他地域への普及を促すことで、子育て環境を整備し、子育て不安を払拭することを目的としています。

2.対象
より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、成果を上げている個人・団体(規模は問いませんが、次の要件を満たすことが必要)を対象とします。

3.要件
〇勸蕕道抉腓忙颪垢觸活動を継続的に行っていること。
活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
3萋阿慮表を了承していただける個人・団体であること。
て本国内で活動している個人・団体であること。
ゼ賞時に、団体名・連絡先、代表者等の氏名(本名)、活動の写真、活動内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。マスコミなどからの取材にご協力いただける方。

4.応募方法
web サイトより応募用紙をダウンロードし基本情報をご記入の上、必要資料と一緒にお送りください。

 ̄募用紙の記入事項
1. 活動を始めた経緯(200 字程度)
2. 活動を始めた時期、活動期間
3. スタッフ数
4. 利用者数
5. 団体全体の年間事業収入内訳
6. 活動の特徴(200 字程度)
7. 活動地域における子育て環境の課題(200 字程度)
8. 具体的な活動内容(200 字程度)
9. 現在の成果(200 字程度)
10. 副賞で実現したいこと(200 字程度)
11. 過去の受賞歴
12. 推薦書(1 名)
必要資料
1. 活動風景の写真
2. その他の活動内容がわかる資料(パンフレットなど)
※写真には、裏面に応募者名・団体名、活動状況などをご記入ください。
資料類は角 2 版封筒(A4 版が入る大きさ)に入る程度の量とします。

5.選考
事務局による選考の後、「未来を強くする子育てプロジェクト」選考委員による選考会を経て、受賞者・団体を決定します。

6.選考委員
選考委員長 汐見 稔幸 [東京大学名誉教授、日本保育学会会長]
選考委員 大日向 雅美 [恵泉女学園大学学長]
奥山 千鶴子 [特定非営利活動法人びーのびーの理事長]
米田 佐知子 [子どもの未来サポートオフィス代表]
以上五十音順
古河 久人 [住友生命保険相互会社 執行役常務]

7.発表
受賞者は、2019 年 3 月に都内で実施予定の表彰式および「未来を強くする子育てプロジェクト」の web サイト等で発表します。受賞者には 2019 年 1 月末までに直接ご連絡します。

8.表彰
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の 1 組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の 1 組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰盾、副賞 100 万円 ※2 組程度
◎スミセイ未来賞/表彰盾、副賞 50 万円 ※10 組程度

9.募集期間
2018年7月9日(月)〜 2018年9月7日(金)必着

10.注意事項
,環鷭个い燭世い浸駑僧爐亙峙僂い燭靴泙擦鵑里任△蕕じめご了承ください。
∩考に関するお問合せには応じられませんのでご了承ください。
受賞された場合、原則として、2019年10月頃に近況報告をご提出いただきますのでご了承ください。

11.個人情報の取扱い
応募者の個人情報は、審査および運営に必要な範囲内で利用し、第三者へ提供することは一切ありません。応募者の同意なく、利用目的の範囲を越えて利用することはありません。

12.宛先・お問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋 2-14-7 光ビル
電話:03-3265-2283(平日 10:00〜17:30)

事業詳細につきましては、当プロジェクトのWebサイトからご覧頂けます。
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/

コメントする
各種助成情報 : 助成:Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs(パナソニック)
投稿日時: 2018-5-22 15:40:00 (144 ヒット)

Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

2018年4月の新規募集より、助成テーマが変わり、2つのプログラムになります。
新興国・途上国における絶対的貧困はもちろんのこと先進国でも相対的貧困の深刻化により格差が広がりつつあるなど、その課題解決に向けた取り組みが急務となっています。
本ファンドでは「海外助成」「国内助成」の2つのプログラムで、NPO/NGOの組織基盤強化を応援します。

助成対象:貧困の解消に向けて取り組むNPO/NGO
助成事業:第三者の客観的な視点を取り入れた「組織診断」「組織基盤強化」の取り組みに助成
応募受付期間:2018年7月17日(火)〜8月3日(金)必着
応募要項、用紙等の詳細
パナソニックホームページからダウンロードできます。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2018_recruit.html

問合せ
◆海外助成 協働事務局
認定特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
アバコビル5階
TEL:03-5292-2911 FAX: 03-5292-2912
担当:松尾 E-mail:pnsf-sdgs@janic.org

◆国内助成 協働事務局
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3
日本橋MIビル1階
TEL:03-5623-5055 FAX: 03-5623-5057
担当:坂本・武藤 E-mail:support-f@civilfund.org

◆総合事務局
【パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化部】
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
TEL:03-3574-5665 / 担当:東郷

コメントする
各種助成情報 : 助成金:シニアボランティア活動助成・ビジネスパーソンボランティア活動助成 (公益財団法人 大同生命厚生事業団)
投稿日時: 2018-4-10 14:56:03 (134 ヒット)

◆シニアボランティア活動助成
・助成趣旨
シニア(年齢 満60歳以上)のボランティア活動を支援することにより、シニアのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

公益財団法人 大同生命厚生事業団
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/senior-volunteer/step2.htm

・募集期間
平成30年4月1日(日)〜平成30年5月25日(金) (当日消印有効)
・応募資格
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするシニア(年齢 満60歳以上)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
ただし、過去5年以内に当財団の助成を受けたグループは除く。
・活動テーマ
1.高齢者福祉に関するボランティア活動
2.障がい者福祉に関するボランティア活動
3.こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動
ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動 は除く。
いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。
・助成金
総額 ビジネスパーソンボランティア活動助成と合わせて原則900万円以内
1件 原則10万円。特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、グループの事務所家賃、事務用パソコンの購入費用、ボランティアメンバーの飲食費および日当・謝礼は助成の対象としない。


◆ビジネスパーソンボランティア活動助成
ビジネスパーソンのボランティア活動を支援することにより、ビジネスパーソンのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

公益財団法人 大同生命厚生事業団
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/senior-volunteer/step2.htm

・募集期間
平成30年4月1日(日)より平成30年5月25日(金) (当日消印有効)

・応募資格
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
ただし、過去5年以内に当財団の助成を受けたグループは除く。
・活動テーマ
1.高齢者福祉に関するボランティア活動
2.障がい者福祉に関するボランティア活動
3.こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動。
ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。
・助成金
総額 シニアボランティア活動助成と合わせて原則900万円以内
1件 原則10万円。 特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、グループの事務所家賃、事務用パソコンの購入費用、ボランティアメンバーの飲食費および日当・謝礼は助成の対象としない。

連絡先
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL(06)6447-7101 FAX(06)6447-7102

コメントする
各種助成情報 : 助成:平成30年度愛媛県NPO法人育成支援事業[地域協働推進活動助成](中間支援組織向け)の募集
投稿日時: 2018-3-27 17:22:55 (133 ヒット)

平成30年度愛媛県NPO法人育成支援事業[地域協働推進活動助成](中間支援組織向け)の募集

 県では、地域の課題に主体的に取り組むNPO法人の継続的かつ安定的な活動を支援するとともに、NPO活動の更なる活性化を促進するため、県民や企業・団体等からの寄附を原資とする「あったか愛媛NPO応援基金」を活用し、NPO法人に対する支援を行っています。
 このたび、30年度において、中間支援組織が地域の課題解決のために主体的に取り組むNPO法人等の地域活動団体の事業力及び運営能力の向上を図る事業を助成する「地域協働推進活動助成」を、下記のとおり募集します。

◆募集期間: 平成30年4月2日 月曜日 〜 5月31日 木曜日 【必着】

◆助成内容
中間支援組織が、地域課題の解決のためNPO法人等の地域活動団体を対象として実施するセミナー等に要する経費に対する助成
助成金額:1団体あたり30万円以内
助成団体数:3団体

◆提出先
愛媛県 県民環境部 県民生活局 男女参画・県民協働課 県民協働グループ
   (直接持参される場合は、県庁第二別館2階の北側です。)
  〒790-8570 松山市一番町四丁目4番地2
  TEL:089-912-2305 FAX:089-912-2444
  E-mail:danjokyodo@pref.ehime.lg.jp

詳細・各様式ダウンロードは
http://nv.pref.ehime.jp/data/html/201800000013/index.html

コメントする
(1) 2 3 4 ... 14 »
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.