チケットあります
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2017 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2014 | 02 | 04 | 06 | 08 | 09 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2006 | 12
オフィススタッフ日記  協働オフィスの日々あれこれをお知らせします。
2011年10月07日(金曜日)
おしゃべりカフェ 11:36  すたっふ 
10月5日おしゃべりカフェ「ハロウィン仮装ウォッチング」がOPENしました。主催は川東地域活動クラブさん。
10月22日(土)イオンモール新居浜で開催される「happy ハロウィンカーニバル」を前に、これまでの4回分を写真や動画で振り返ってみようと開かれました。
この日ご来店いただいた方たちはハロウィン「皆勤賞」の方も居れば今回初参加をしようという方、5年前はママのおなかの中にいたお子さんも来て下さって、いつもに増して和気あいあいの雰囲気。趣向を凝らした衣装の参加者が映し出されると、「わぁ、かわいい!!」と歓声があがったり「この方達は毎年ご家族で参加してくださるんだよね」「これは手作りらしいよ」とにぎやかなこと。
当然今年の衣装のテーマに話は広がって・・・どうやら、それぞれもう秘策を練っているようです。常連さんによると、ハロウィンを楽しむ秘訣は「思いっきり自分を変えること」だそうです。いかがですか、あなたも非日常の自分を演出してみませんか。当日も受け付けますが(600円)、10月20日までの事前受付は500円。詳しくは http://niihama-kyodo.jp/files/haroin.pdf
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (606)
2011年9月29日(木曜日)
おしゃべりカフェ 10:18  すたっふ 
 9月21日「Team浜ちょボ実行委員会」主催のカフェがOPEN。浜ちょボ主催のカフェなら何をさておいても、と駆けつけた皆さんで大入り満員。今回のカフェは日ごろの活動の中からいろいろなまちの課題に気づいた浜ちょボのメンバーが、様々な方と課題を共有し、解決への取り組みを模索するためにOPENしたそうです。
参加者からは
・音楽など文化的なイベントが少ない(西条市や四国中央市に比べ)入れ物の老朽化が原因?
・自治会員の高齢化が進んで役員のなり手がない。→ 働き盛りの多忙な人に役が集中する。
・若い人にも魅力的な斬新なアイデアでまちの活性化を図っては?(例えば高松のように)
・課題の抽出だけではなく、魅力に気づくことも大切なのでは?
・まちの活性化には、始めに地元の人たちの思いを知ることが大切。一過性ではなく本気で関わる気があるのか問われている。
などなど、それぞれの感じているまちへの思いや課題が出されました。
 また、防災対策に対して市民は関心を持っているのだろうかと、被災地にボランティアに行った浜ちょボメンバーの投げかけに、行政による100%の防災対策は現実論としてはあり得ないが、市民団体の専門性を活かした協力ネットワークがその不完全な部分を補完するのでは、という意見が出されました。
「地域課題の解決」という大きな目標を定め、「課題の共有」というステップに取り組み始めた浜ちょボのメンバーたち。次回、次々回のカフェも予定しているとのこと。まさに新居浜の未来を担う若い世代からの問題提起に私たち「大人」はしっかり応えなければならないと思います。
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (615)
2011年8月28日(日曜日)
10日間お世話になりました! 17:50  すたっふ 
こんにちは。木村祐貴です。

10日間のインターンシップを終え、今は充足感に満ちています。
様々なことを学びました。

その中でも「ひとつのものを作り上げる事の難しさ」というものを一番深く学ぶことが出来ました。

今回のインターンシップの中で多く関わらせてもらった「市民団体発!オリジナル商品&イベント大集合!!」のチラシ制作では、全くの0からのスタート。
今まで、このような不特定多数に公開するものは作った事がなく、技術はもちろん、アイデアもろくに浮かびませんでした。

しかし、オフィスの方々の指導があり、無事チラシを制作することが出来ました。

協働オフィスの皆さん、情報ステーションの皆さんには様々な事を指導して頂きました。
それも「インターンシップ生だから」という甘さはなく、「スタッフの一員」として接して頂きました。

それが自分にとって刺激になり、とても嬉しいことでした。

まだまだ未熟者ですが、今回の研修で大きく成長出来ました。
今回、協働オフィスのスタッフの皆さん、情報ステーションのスタッフの皆さん、様々なお話をさせて貰った市民団体の皆さん方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にお世話になりました。
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (617)
2011年8月19日(金曜日)
よろしくお願いします! 18:33  すたっふ 
本日から「NPO法人にいはま市民企画ノポック」にインターンシップ研修へ参りました木村祐貴です。
よろしくおねがいします!
私は松山大学人文学部社会学科に所属している2年次生です。


本日は吉川統括からガイダンスがありました。
ガイダンスでは「元気なまちづくり」「市民活動の拡大」「協働社会の基盤整備」という協働オフィスの目的などについて学びました。

この研修中の中で達成したい事は、「まちづくりの担い手として自分に出来ることを知る事」です。具体的には、「新居浜の魅力を多くの人に伝えられるようにするという事」です。
「まちづくりの担い手」というと難しく感じますが、自分に出来る事はまず魅力を伝えるということだと思います。魅力を伝え、新居浜に来てもらう。
それが、まちづくりの第一歩だと私は考えます。

本日から24日までは「まちづくり協働オフィス」で研修を受け、25日から28日は登道商店街にある「まちなか情報ステーション」で研修を受ける予定です。
11日間お世話になりますが、協働オフィスや情報ステーションで働くノポックの皆さんや市民団体の方々の新居浜に対する熱い想いを感じ、自分の成長に繋げていきたいと思いますのでよろしくおねがいします。

投票結果 1件中 はい
(0) 0%
いいえ
(1) 100%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (615)
2011年8月03日(水曜日)
第42回おしゃべりカフェ「協働事業市民提案制度とは?」開催 21:05  すたっふ 
 今回は、先(7月28日)の平成22年度協働事業市民提案制度事業を実施した意見交換会を踏まえ、担当課である市民活動推進課からお2人を招いて、同制度の申請などについてもっと気軽にもっと具体的なことを聞こうとカフェをOPEN。
 参加団体さんから具体的な相談(アイデア)を伺い、参加者から申請の方法などのアドバイスを聞くことができました。例えば、予算を立てるのは予想以上に時間がかかるので、募集期間の1ヶ月はあっという間だから余裕を持って取り掛かかるようにとのアドバイスなどがありました。参加された団体さんの企画は聞いていてワクワクするような内容で「実現するといいな」と思いました。同制度の募集は既に始まっています(締切は8月31日)。
 皆さん奮ってご応募ください。
投票結果 1件中 はい
(0) 0%
いいえ
(1) 100%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (620)
2011年7月21日(木曜日)
7月16日(土)「あなた発!!別子山の魅力」バスツアーを開催 16:57  すたっふ 
               



市民の皆さんの視点で別子山の魅力を紹介してもらおうと4月から準備を行ってきたバスツアー。23人の皆さんと一緒に別子山へ行ってきました。
気温が30度を超える日々が続く中の開催でしたが、別子山はとても涼しく、また心配していた車酔いになる人もなく、無事に終了し、スタッフは一安心。

案内役をお願いした皆さん、本当にありがとうございました。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。皆さんが届けてくださる「別子山の魅力・レポート」をこのHPなどで多くの皆さんにご紹介することを楽しみにしています。

お手数ですが、レポートの作成をよろしくお願いいたします。お待ちしていまぁ〜す!!

p.s. ツアーの様子をフォトレポートにまとめました。画面右側の、平成23年度協働オフィス事業「バスツアー」をクリックして、ぜひご覧ください。




投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (612)
2011年6月24日(金曜日)
国際電話がかかってきた! 14:54  すたっふ 
先日協働オフィスにかかってきた1本のお電話。
よくお話を聞いてみると、相手の方はベトナムからお電話してくださっているとのこと!
協働オフィス設立6年目にして初めての出来事にスタッフはびっくり(@_@)
6月12日に行われた日本語の会さん主催のスピーチコンテストについてのお問合せを受けたのですが、
どうやら協働オフィスのHPを見て連絡をくださったようです。
インターネットは世界を繋ぐといいますが・・・世界と繋がりを実感したのは初めてでした。
もちろんスタッフの流暢な日本語で対応させていただきましたよ☆

協働オフィスのHPではこれからもみなさまの活動を世界中に伝えていきますので、どしどし情報をお寄せくださいね。
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (764)
2011年6月07日(火曜日)
オフィスにうれしいメッセージ 11:04  すたっふ 
毎年この時期、利用団体さんに前年度の活動報告を届けていただいているのですが、先日、団体Fさんがこんなメールを添えてくださいました。


いつも送付頂くニュースレター、欠かさず目を通させて頂いています。
活動分野が異なっても頑張っている団体さんの活躍ぶりを目にするとこちらも「かんばるぞ!」と元気を頂いています。
これからもためになる情報を宜しくお願いします。


毎月約1300部発行し、各利用団体さんのほか、市役所ほかの市施設などで市民の皆さんにご覧いただいている協働オフィスニュースレター。発行開始から5年になりますが、時には“皆さんの役に立ってるのかな・・?”と不安になることも。でも、こんなうれしいメールをいただくことができ、オフィススタッフも元気百倍です。Fさん、本当にありがとうございました。みなさんの声をエネルギーにして、ただ今第41号をせっせと編集中♪ ぜひご覧いただき、ご意見やご感想をお寄せください。
投票結果 1件中 はい
(0) 0%
いいえ
(1) 100%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (612)
2011年6月03日(金曜日)
オフィスにうれしいメッセージ 13:45  すたっふ 
毎年この時期、利用団体さんに前年度の活動報告を届けていただいているのですが、先日、団体Fさんがこんなメールを添えてくださいました。

いつも送付頂くニュースレター、欠かさず目を通させて頂いています。
活動分野が異なっても頑張っている団体さんの活躍ぶりを目にするとこちらも「かんばるぞ!」と元気を頂いています。
これからもためになる情報を宜しくお願いします。

毎月約1300部発行し、各利用団体さんのほか、市役所ほかの市施設などで市民の皆さんにご覧いただいている協働オフィスニュースレター。発行開始から5年になりますが、時には“皆さんの役に立ってるのかな・・?”と不安になることも。でも、こんなうれしいメールをいただくことができ、オフィススタッフも元気百倍です。Fさん、本当にありがとうございました。みなさんの声をエネルギーにして、ただ今第41号をせっせと編集中♪ ぜひご覧いただき、ご意見やご感想をお寄せください。
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (611)
2011年5月26日(木曜日)
「高祖父 廣瀬宰平に想う」を寄贈していただきました 11:58  すたっふ 
廣瀬宰平翁の玄孫(やしゃご)にあたる睫攅江さんから、えんとつラボさんを通して、この度出版された「高祖父廣瀬宰平に想う〜我が過ぎ去りし日々を振り返って〜」を寄贈していただきました。廣瀬宰平翁以降の廣瀬家の人々の素顔や暮らしぶりを通じて、激動の時代を生きてきた廣瀬家の人々の絆とその背景にそれぞれの時代の新居浜の様子を感じ取ることができます。 
 睫攅江さん、えんとつラボさん、本当にありがとうございました。
 この本は、協働オフィスの展示コーナーでご紹介していますので、みなさんぜひご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (614)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 (11) 12 13 14 15 16 17 18 » 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.