チケットあります
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2017 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2014 | 02 | 04 | 06 | 08 | 09 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2006 | 12
オフィススタッフ日記  協働オフィスの日々あれこれをお知らせします。
2008年3月28日(金曜日)
中村文昭講演会実行委員会さんからオフィスに寄付金!! 16:35  すたっふ 
26日、同実行委員会の久保知之委員長さんから協働オフィスの吉川統括が寄付金をいただきました。今回のような多額の寄付金をいただくのはオフィスにとって初めてのこと。緊張(?)のあまり、ビデオは何とか取ったものの、写真をすっかり忘れてしまって・・・残念!! ともあれ、いつも限られた予算のやりくりに頭を悩ませているオフィスにとって本当に嬉しい「支援金」です。オフィス利用団体の皆さんの活動拡大に役立つよう、スタッフ一同知恵を絞り、大切に使わせていただきます。中村文昭実行委員会の皆さん、ほんとうにありがとうございました。
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (616)
2008年3月23日(日曜日)
ヤンフェスの小冊子に感激!! 19:23  すたっふ 
 休み明けでオフィスに出勤、机の上を見ると「ヤンフェス」と書かれた小冊子・・? ペラペラとめくってみると・・・、ヤンフェスの実行委員会立ち上げからの取り組みを写真やメンバーの感想でまとめた小冊子ではありませんか!! しかも、大人組からの提案を受けてではなく、自分たちの発案とのこと!!
 イベントが終わると、関係者一同「やれやれ」とほっとしてしまいがちなもの・・・。初めて取り組んだイベントを自分たちや関係者の記憶にだけとどめるのではなく、目に見える形で「過程」を記録し、同時に広く「報告」しようという若いメンバーに感激&脱帽!!です。
 きっと、このバトンをしっかり第2走者に手渡してくれることでしょう。 
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (615)
2008年3月11日(火曜日)
ヤンフェスを通じて 10:47  すたっふ 
今回、高校・高専生だけのヤンフェス実行委員と関わって、3つの感動を得ました。

(1) 若者のバイタリティー:時間は無限かのように時間に因われず、楽しみながら取り組む姿勢に。これが長続きする秘訣かも。つい大人(私)は「まじめにやる!」「はい、ここでふざけない!」「早く!」とあせりすぎなのかも・・・・と反省しました。

(2) 大人の協力に感謝。オフィスメンバー意外に、自分達の活動で忙しい人達が、若者の活動に資金・アドバイス・物資など惜しみない協力を快く提供くださりました。新居浜の大人にも感動。これらの力は氷山の一角で、まだまだ新居浜には眠っていることを実感しました。

(3) 若者のストレートな行動に敬服。若者の奇抜なアイデアに首をかしげることがたびたびありましたが、彼らの「ダメもとの覚悟で、お願いしてみたい」とのストレートな依頼。案の定(!?)、砕け散ること、3度や4度ではありませんでした。しかし、それにめげず、「それはダメだけど、この程度なら・・・」というアドバイスに企画を何度練り直したことか。はじめから結果を想定しての妥協で始まるのではなく、また、根回しに頼るのではなく、自分達のアイデアがどこまで通用するかを確認するかのように。でも、決してそれの固執するわけではなく、砕け散った後は、愚痴も言わず、フレキシブルに企画を変更するところがすごい。

 街をかえるには、彼ら若者の奇抜なアイデアを「どれだけ受け入れ、実現していくことができるようにまわりが変わっていくか」にかかっているのではないかと感じた半年でした。
 当たりまえのことですが、継続することで、ますます進化するので、特にヤンフェスは、今後の新たな若者の参加によって飛躍的に進化をするので、非常に、期待しています。 ヤンフェスのみんなありがとう!!
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (619)
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.