チケットあります
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
Team浜ちょボ  
2009年12月31日(木曜日)
Team浜ちょボ!今年最後の報告! 12:57  Team浜ちょボ 
早くも、2009年が終わろうとしています・・・。一年って早いものですね!
Team浜ちょボにとって2009年は、とても充実した素晴らしい一年になりました!
来年も今年以上に素晴らしい活動ができるようにメンバー一同頑張りたいと思います。
では、今年最後の報告を行います〜

【12月の活動内容】
・「はまさい」ショップ出店+お手伝い
・「HAMA2ウィンターフェスティバル」のお手伝い
・「くすのき支援センタークリスマス会」に参加
・百縁笑店街の座談会に参加

【来年の活動予定】
・静岡ママチャリグランプリに参加+お手伝い
・ヤングボランティアとのコラボ活動
・滝の宮公園清掃活動(アダプト活動)
・尻無川清掃(愛リバー・サポーター制度)
・高知よさこい祭り(新居浜連)のお手伝い
・その他

それでは、また来年〜!!
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (4)
2009年12月14日(月曜日)
はまさい!Team浜ちょボ!〜全ての人に感謝〜 21:32  Team浜ちょボ 


新居浜市の恒例行事「はまさい」(新居浜冬まつり)商店街にて盛大に行われました!
我々、Team浜ちょボも沢山の団体さんとコラボして会場を盛り上げることができました!

【実施内容】
・日光ステーションにて、「浜ちょボカフェ」を出店
(ぜんざい+ジュースを販売)
・新居浜市東田にある「みんなのコーヒー」さん・「島根県立大学里山レンジャーズ」さんとコラボ
・「はまさい」のボランティア

【御協力御礼】
・新居浜商店街連盟様
・新居浜市まちづくり協働オフィス様
・みんなのコーヒー様
・島根県立大学里山レンジャーズ様

【イベントを終えて】
今回の「はまさい」、今年の8月から当日までの約4ヶ月間、メンバー一丸となって準備を行ってきました。今回のはまさいにおける出店は、我々団体がこの一年間活動して出会った方々とコラボしてお祭りを盛り上げることが大きな目的となりました。
 8月、商店街連盟さんから出店の許可を頂きました。何を行うべきか?どうすればお祭りを自分たちなりに盛り上げられるか?定例会で何度も何度も話し合いました。しかし、なかなかいい案には辿りつかず・・・。そんな中、メンバーの紹介で休憩がてら立ち寄ったコーヒー屋さん。そこで飲んだコーヒーの美味しさ・面白い話で場を盛り上げてくれるお店の方達、この素晴らしい出会いを無駄にせず、一緒にコラボしたい。そんなメンバーの意見から、「浜ちょボカフェ」を開催することになりました。
 その企画が持ち上がった、1週間後私は、大学がある島根に戻りました。私が通う大学のサークル「里山レンジャーズ」は、中山間地域を学生で盛り上げようと2〜3年前に設立されました。このサークルに入学と同時に入部。美しい山々が連なる地域で活動して、そこにある物産を地元愛媛の人達に知ってもらいたい。いつしかそんな想いをもつようになりました。そして、新居浜夏祭りに島根のPR・若者の交流を目的に「浜ちょボ」とコラボする一大イベントが実現。サークルメンバーから、「せっかくできた若者の絆・地域の絆を絶やしたくない」こんな一言で、大学サークル側も「はまさい」に再び出店が決まったのです。
 しかし、この出店に対して大きな課題に直面したことも事実です。代表という立場に在りながら、浜ちょボの活動には、なかなか参加できない日々。メンバーに負担を与えてしまっているのでは・・・。
 大学側では、予算の問題・赤字覚悟の出店・・・。
そんな中でこの課題を吹き飛ばしてくれたのが、各団体、一人ひとりの「やる気」でした。浜ちょボ側は、個々の仕事や学校の事情があるにも関わらず、夜遅くまで準備をこなしてくれていました。「浜ちょボの事は任せとけ!」そんなメンバーのありがたい言葉にも支えられました。大学側は、当日参加できないメンバーも含めて仕入れや、当日のスケジュール調整などを一生懸命こなしてくれました。そんなやる気を陰ながら応援していただいていた中山間地域支援委員の方々・地域の農業組合の方々も応援に駆けつけてくださることに。本当に感謝です!!
 そして、当日! 多くの市民のみなさんが、この「浜ちょボカフェ」に来てくださり、見事に素晴らしい、コラボを実現することができました!
 全てが終了して帰る直前、「また来年待ちよるけんね!」と浜ちょボ側から一言。大学側から、「また、来年逢おうね!楽しみにしてるね!」この話を聴いていて胸が一杯になりました。それは、今回の活動が成功に終わったことを実感するとともに、真の若者の絆が芽生えた喜びを実感できたからだと思っています。
 今回の、イベントは、多くの団体さん・地域の方々に支えられてできた活動です。これからも、私達は、地域の絆を絶やさず、一人ひとりが楽しめる活動を実施していかなければならないと思っています。
今後とも、よろしくお願い致します。
最後に、みなさんに!心から「ありがとう」の言葉を贈りたいと思います。
ありがとう!!!
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (5)
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.