チケットあります
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2017 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 02 | 03 | 06 | 08 | 09 | 11 | 12
2014 | 02 | 07 | 11
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11
2010 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11
2009 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12
スタッフ日記2  いろいろなお得情報やお知らせなど。
2015年6月09日(火曜日)
「あかがねミュージアム」7月18日(土)オープン! 14:08  スタッフB 
いよいよ、来月18日に「あかがねミュージアム」がオープンします。

協働オフィスでも「おしゃべりカフェ」で何度かテーマに出て
皆さんと一緒にいろいろ語り合いました。

子どもさんから年配の方々まで、楽しめるオープニングイベントも盛りだくさんのようです。

是非、ご近所・お友達などお誘い合わせて足を運んでみてくださいね。

詳しくは

あかがねミュージアムHP
http://www.akaganemuseum.jp/

あかがねミュージアムfacebook
https://www.facebook.com/akaganemuseum

をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
2015年3月05日(木曜日)
おしゃべりカフェを開催しました。 17:12  スタッフB 
3月3日(火)19:00〜おしゃべりカフェを開催しました。
テーマは「総合文化施設と市民団体との連携」を考えよう!
18名の参加者でおしゃべりしました。

今年7月開館予定の総合文化施設の愛称が「あかがねミュージアム」に決定し
、市民団体がどのような連携がとれるのか?という期待と不安が入りまじった中
まず、担当課の総合文化施設準備室から施設の様子をDVDを見ながら説明がありました。
緑と、あかがね色がみごとに調和した外観、そして多種多様なイベント・展示などができる内観。
参加者の方々からも、感嘆の声。
その後、参加者から質問や要望・アイデアなどが出てきました。
抜粋すると・・・
・学生が集まりやすい場所にしてほしい
・会議室の広さや使用方法は?
・市外の人も施設の利用はできる?
・若者をターゲットにしたカフェではどうか
・カフェにランチをメニューに加えてほしい(おいしいランチ(^0^))
・使用料は?
・広報は?

などなど・・・・・参加者の皆さんも興味津々。
これに応える形で、準備室や運営予定の方から有意義な情報・案を聞かせていただきました。
例えば
・カフェに高校生が考えた「地産地消」メニューを出してみたい
・市民参加型のボランティアのしくみ
・条件に応じてサポータークラブ制を活用した料金設定などの画期的な案
・「あかがねミュージアム」のホームページを近々発信予定
・新聞・テレビなどでの広報
など・・・・
ここに書ききれない程、素敵なアイデアがたくさんの湧いてきたおしゃべりカフェとなりました。

みなさん、ありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
2015年2月02日(月曜日)
協働オフィス広報講座を開催します! 19:08  スタッフB 
「イベントを開催するけど、チラシの作り方が・・・」「人が集まるチラシってどんなの?」
チラシ作りにはいろいろな悩みはつきもの。チラシ作成のコツについて知りたい方、ぜひご参加ください!

日 時:2月28日(土)13:30〜15:00
場 所:新居浜市まちづくり協働オフィス
定 員:15名(先着順) 参加費無料
主 催:新居浜市まちづくり協働オフィス

※電話・メール・FAX等でお申し込みください
 TEL 0897−35−3158
 FAX 0897−35−3157
 Mail info@niihama-kyodo.jp
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
2014年11月13日(木曜日)
子育て支援者人材養成研修会に参加! 16:48  スタッフB 
11月8日(土)、子育て支援者人材養成研修会に参加しました。今回は、「これから必要な子育て支援とは?」というテーマでのワークショップを担当させていただきました。

まずNPO法人子育て支援ネットワークとくしま 理事長松さんから、「赤ちゃん授業」「防災」などの活動紹介がありました。赤ちゃん授業とは、中高生の生徒さんが0〜1歳児を抱っこしたり触れ合ったりする授業のことです。学校で赤ちゃんと触れ合う体験は、きっと未来のお父さん、お母さんの印象にも残ることでしょう。講師の先生の生き生きとした語り口に、参加者の皆さんも熱心に耳を傾けていました。
 ワークショップでは、子育て支援に関する理想と課題を共有し最重要課題を導き出していきました。保育士や行政職員等、異なる立場の参加者さんが意見を出し合うことで、新たな気付きもたくさん生まれたようです。各グループからは、「家庭訪問」「子育てを教育の分野へ持ち込む」「休日利用できる広場」などのキーワードが出てきたほか、新たなアイディアや実現方法についても活発な意見交換が行われていました。
<参加者感想>
・情報、アドバイス他を提供してあげられるように頑張りたい
・自分の普段の活動仕事では得ることのできない経験談を聞けた
・思うだけでなく、意見を交換共有し合うことの大切さに改めて気づいた
・「できない」からスタートするのではなく、「できない原因」→「解決」へと導く
・無理だと感じるだけでなく、どうしたら、と考えていくうちに、何とかしていきたいという気持ちになりました
・会議の方法が効果的!!
・限られた条件でも自分たちのやり方をかえることでできることも増えてくるということが分かった

みなさん、ありがとうございました!
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
2014年7月31日(木曜日)
協働事業市民提案事業意見交換会を開催しました 19:49  スタッフB 
7月29日(火)「協働事業市民提案事業意見交換会」を開催しました。
猛暑の中にもかかわらず、行政、市民活動団体などから43人の参加をいただきました。

まず平成25年度に実施した5事業について、提案団体・事業担当課それぞれの立場から事業の内容、協働の相乗効果、今後の課題などについての報告がありました。

その後、疑問に思ったことを質問したり、自分の考えを述べたりする、意見交換の時間を設けました。

「行政・市民がお互いに連携を密にし、こまめに連絡を取りあうことが大切」「得意な部分でお互いが補完しあえれば良い」など、これから協働事業を考えている担当課の方、市民の方にとって参考になる意見も多く出ていました。また、会場のアンケートでは「事業実施にあたって、事前の話し合い、情報交換が必要」「(限られた時間の中で)いかに情報を共有していくかが大事」などの意見が多数寄せられていました。

8月1日〜29日が平成27年度実施事業の募集期間となっています。協働オフィスにも募集要項がありますので、ご希望の方はお気軽にお越しください。
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
2014年2月19日(水曜日)
「協働について考える研修会」に参加 15:38  スタッフB 
新居浜市主催の研修会に参加しました。講師の斉藤先生は、新潟県で活動されている「NPO法人都岐沙羅(つきさら)パートナーズセンター」の理事であり、中間支援等様々な場面で活躍されている方です。

まず、協働とは?というところから、具体的な方法や事例について伺いました。官民等が対等な立場で一緒に事業に取り組む「協働」。お互いの特性をしっかり押さえておくことが重要とのこと。それを踏まえたうえで、企画から一緒に作る・目的を明確に・共通認識を持つ等、ポイントを押えておくことが重要だということでした。また、「まちの底力パワーアップゲーム」では、市民や市民団体、企業、行政等まちの縮図をつくり、ロールプレイを体験しました。ニーズや課題を解決しようとするときパートナーとなってくれるのはどこなのか、協働の相手先の情報(できること・できないこと・思い・・・等)がどれほど重要かを体感することが出来ました。

 今回の研修で、私たち中間支援団体ができる、またすべきことについて、とても前向きな気持ちで考えることができました。まず、中間支援団体に求められることは、地域の情報を吸い上げることです。色々な団体、企業、行政の特性を知ることで、したい事業や活動を円滑に進めることができ、結果的に時間や資金の節約が可能となります。新しいアイディアも出るかもしれません。さらに思いや目的がリンクすることで、たくさんの相乗効果が生まれます。

 市民団体等のみなさんに情報を得てもらうにはまず「中間支援団体」の存在を知ってもらうことも重要です。どういった利用や相談ができるのか、私たちスタッフは常に情報を発信し、多くの方に認知していただくことが必要だと改めて感じました。そして、利用してくれた皆さんの取り組みをサポートするためには、日常的なコミュニケーションや環境づくり等、日々の積み重ねも不可欠です。今回の研修で学んだことを、ひとつひとつ実践し、市民の方からも行政の方からも信頼されるような資質の向上に努めていきたいです。

07/18 07:44 USA
uujkla@ゲスト 
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
2013年10月23日(水曜日)
「ごみゼロ・チャレンジ」ご協力ありがとうございました! 17:30  スタッフB 
市内外から多くの皆さんが集まる「一宮の杜ミュージアム」をごみのないイベントにしようと、同実行委員会とNPO法人にいはま市民企画ノポックが連携し実施した「ごみゼロ・チャレンジ」。10月16、18両日愛媛新聞新居浜支社さんの玄関前にステーションを設置し、会場へ向かう皆さんにごみ袋を手渡しました。かきくらべの合間に拾い集めたごみを回収箱まで持ってきてくださった約180名の皆さん、また趣旨に賛同しご協力いただいた事業所の皆さん、スタッフとして参加してくださったNPO法人新居浜まちゅり隊のみなさん、ご協力ありがとうございました(*^_^*)
投票結果 2件中 はい
(2) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (610)
2013年8月30日(金曜日)
おしゃべりカフェ「新居浜○○部!!」を開催します♪ 16:23  スタッフB 
 こんにちは、NPO法人にいはま市民企画ノポックでインターンシップ研修をしている足達と松永です。
おしゃべりカフェを9月4日(水)午後19時から協働オフィスで開催します。(*^ω^)ノ テーマは「新居浜○○部!!〜思い立ったら即発足〜」です。私たちインターン生がお知らせのチラシをつくりました♪
最近各地域で発足している「地域部活」、市民の皆でシロップやジュース、中にはカレーなども持ち寄って「かき氷にはどれが一番合うのか」と研究する『かき氷部』や地酒を飲みながら語り合う『地酒部』といったユニークな活動をしています。自分がやりたいことをフェイスブックなどのインターネットで宣言すれば即部活に!!「地域部活」のモットーは、「地元でみんなが楽しんでいるのを周りに知ってもらうこと」モチロン参加者自身は年代に関係なく大はしゃぎ♪
そんな「地域部活」をテーマに皆で自分がやりたいことを自由に語ろうではないか〜!!という企画です。
「実は私もやりたい部活が…♪」(by松永)

日時:9月4日(水)19時〜
場所:まちづくり協働オフィス(文化センター本館1F)
主催:新居浜市まちづくり協働オフィス
共催:NPO法人にいはま市民企画ノポック
問合:0897-65-3158

詳細はチラシをクリック!!!(拡大できます)↑↑
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (580)
2013年8月08日(木曜日)
おしゃべりカフェ「素晴らしい国々〜ラオス編〜」を開催しました 14:51  スタッフB 
8月7日(水)19:30からおしゃべりカフェを開催しました。
ゲストとしてラオスの元駐在員の山本さんを迎え、ラオスという国はどのようなところなのか、どのようなところが素晴らしいかなどのお話を聞きました。
ラオスという国は治安が良く、人の温かさを感じることのできる国のようです。
その反面、未だに数多くの地雷も埋まっているのが現状です。
その後、参加者全員でおしゃべりをしました。ラオスから世界の話題になり「世界一周をするためには...?」など、多くの質問が飛び交い楽しい時間になりました。

今回のおしゃべりカフェでラオスのこと知るにつれてだんだんと訪れてみたいという気持ちになりました。
皆さんもラオス旅行はどうですか?
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (760)
2013年7月31日(水曜日)
おしゃべりカフェ「むずかしくない協働事業〜担当課に聞いてみよう〜」レポ 18:28  スタッフB 
7月30日(水)『むずかしくない協働事業〜担当課に聞いてみよう〜』と題して、おしゃべりカフェを開催しました。

市民活動推進課の方と市民団体さんが参加し、8月から募集が始まる協働事業市民提案についておしゃべりしました。
「提案の時に相談にのってもらえるの?」「この内容は協働できるの?」など、市民団体の皆さんも熱心に質問したり、悩みやアドバイスを語ったりする場となりました。

大切なのは「とにかく、想いを形にして提案してみること」
まずは自分のやりたいことを提案し、知ってもらうことだということです。

話は弾んで、それぞれの団体さんの活動に対する想いやこれからやっていきたいことにまで広がりました。
話は尽きず、充実したおしゃべりカフェとなりました。
投票結果 1件中 はい
(1) 100%
いいえ
(0) 0%
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (618)
1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 11 12 13 » 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.