検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
利用登録団体Webサイト
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2012 | 01 | 07
2011 | 01 | 03
2010 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11
2009 | 01 | 03 | 06 | 09 | 10 | 11
2008 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12
2007 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11
2006 | 10 | 11 | 12
40’eye    
2006年10月30日(月曜日)
ごみ減量化ワーク 15:21  aia 
協働オフィス事業の「まちづくりワークショップ“ごみ減量化”」の第1回(10/29)に参加しました。ワーク手法は、先日、来新された鈴木敏恵先生が提唱されるプロジェクトの考え方を取り入れたものでした。

3回シリーズの全体像がわかりづらく、議論の芯や作業内容が少々ブレたり、タイムスケジュール遅延など波乱の船出の感なきにしもという感じでしたが、まちをよくするため能動的に関わろう!の共通項で集まった参加者には、あたたかいエネルギーがあふれていたように思います。

まず、プロジェクトのテーマ「もっと楽をしながらごみ減量をしよう!」と、ゴール「市民が主体的に取り組めるガイドブックをつくる!」が設定されました。メンバーは、生ごみ、分別、資源化など、それぞれ自分が選んだキーワードの舟に乗り込み、これからチームフラッグを掲げてゴールをめざします。最後には、理念や掛け声に終わらないアウトプットされた成果物として、ガイドブックができることになるのかな。

今回のワーク参加者は26人だから5チーム編成で5項目。でも、ごみ問題って日常生活に密着してだれもが主体的に考えやすいもの。もし、100人ワークなら20のチームテーマ、200人ワークなら40チーム、そこから生み出されるオリジナルガイドブック!
そんなワークができるようになったら、本当に市民の力でまちがもっと素敵に変わっていくかもしれない・・。先は長いけど、なんかワクワク!!


この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (1)
2006年10月24日(火曜日)
鈴木ワーク 16:30  aia 
「まちの課題を希望に変えよう!」の講師をされた鈴木敏恵先生のワークショップが、10/22西条市であると伺い、参加しました。

・知識や技術を現実に活かす力「コンピテンシー」を高めるには、意志(Will)が必要。何のために何をやり遂げたいのか、常にテーマとゴールを明確にして、よし!夢をかなえるぞとその方向に向かい舟をこぐ。「意志により、人間はタフになれる!!」
 
 「子どもから大人まで、21世紀をよりよく、より幸せに生きる力を身につけてほしい」・・気風のいい全身ライブからは、繊細で謙虚で優しさあふれる鈴木先生の人柄や生き様、そして、このワーク参加者に必ず何かをつかんで帰ってもらうぞ!という見事なまでのプロ意識が伝わってきます。鈴木先生、今回も元気とやる気をありがとうございました!
 40代で人生折り返し地点の私。とても難しいけどセルフコーチングで身も心もタフになって、これまで人からいただいてきた元気を、まわりに伝染していけるようになりたいな、そんなことを考えながら帰途につきました。 
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (2)
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.