チケットあります
チケット随時受付中 (取扱い手数料無料)
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2012 | 01 | 07
2011 | 01 | 03
2010 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11
2009 | 01 | 03 | 06 | 09 | 10 | 11
2008 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12
2007 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11
2006 | 10 | 11 | 12
40’eye    
2008年11月21日(金曜日)
ドイツエコツアー 10:06  aia 
 昨日11/20の夜に行われた、「ドイツエコツアー報告会」の開催を、オフィスHPイベント案内でみつけて行ってみました。会場のウィメンズプラザの和室は、約25人の参加者で熱気ムンムン。
 
 報告者は、このエコツアーを環境イベントを通じて知り、休暇を利用して全国の40人とともにフライブルク周辺を機中2泊の8日でまわってきたという、20代の市職員のSさん。ツアーで体験したこと・考えたことを、自分で撮った写真や持って帰った物(ペットや空箱)をみせながら話していただき、とても有意義で素敵な会でした。(参加者のみなさんのオーッとかフゥ〜ンとかいうリアクションもホント豊かで)。
 
 ドイツ方式を導入しきれなかった日本の容器リサイクル法が抱える課題や、社会システムづくりを重視するドイツと個々人の環境意識やモラルに頼りがちな日本との違いとか、このツアーで実感したことを身ぶり手ぶりで熱心に語る若いSさんの姿が、報告内容と同じくらい輝いてみえた40代の私には、来年このツアーへのチャレンジはやっぱり無理?
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (3)
2008年11月12日(水曜日)
地縁団体(自治会)とNPOと企業の連携! 17:02  aia 
11/29(土)に、初の衣類モデル回収を行う「新居浜衣料リサイクル研究会」さん主催の“Cloth Your 愛”
新居浜では燃やすゴミに分別されている「衣類」。
全国的にみても素材何でもOKの完全リサイクルシステムというのは、大変先駆的なものなのでは?
回収場所の地元桜木西(高津校区)自治会さんがとても好意的にご協力してくださっていると伺っています。
連携が難しいとよくいわれる地縁団体と目的団体ですが、両者連携に企業のCSR活動まで加わった、まさに事業のあり方そのものが今後とても期待される事業ですね!
 
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (10)
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.