チケットあります
チケット随時受付中 (取扱い手数料無料)
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
投票順に並替
2012 | 01 | 07
2011 | 01 | 03
2010 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11
2009 | 01 | 03 | 06 | 09 | 10 | 11
2008 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12
2007 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11
2006 | 10 | 11 | 12
40’eye    
2009年9月28日(月曜日)
ドリームプランプレゼンテーション 15:59  aia 
「これいいと思わない?」の1行とともに送られてきたHPアドレスがきっかけで、昨日日曜の午後、私は【ドリームプランプレゼンテーションGIFU2009】の会場にいました。「市民活動のソーシャルビジネス発展の参考になるかも」、そんな気持ちもあってでしたが、得たものは手法などでなく、“共感と感動”という静かな勇気のモトでした。

 プレゼンターが自分らしく輝きながら夢を語り、かつそれは単なる夢物語でなく、その事業が社会に広まった時に、どんな新たな社会的価値が生まれるかを人々に体験してもらいながら、共感する支援者を集めて、夢を現実化していく。
 きっかけは、過去の体験であれ人との出会いであれ何でもいい。でも、?社会的貢献度が高い事業であること ?独自の価値・魅力があること ?事業として発展性があること ?実現のための準備ができていること ?発表者の人生観とリンクしていること ?人々をわくわくさせること この6つを満たすことを条件とするドリームプランは、NPOや今の時代の行政にも求められるビジネスプランにほかならないと感じました。「元気とは応援すること」というドリプラ提案者の福島正伸氏の言葉と、「ドリプラで、大好きな自分のまち多治見を元気にしたくて、そして全国の地方へ「人口10万の多治見でできるならどのまちでもできる!」を発信したい想いが始まりだった」と語った岐阜実行委員長の千田氏の淡々とした熱い口調が心に残りました。

 【自立・創造】【相互支援】【感動・共感】を3つのテーマとするドリプラは、自立・連携を基本理念にする新居浜市にもぴったり!?。仲間とともに、小規模でいいから新居浜版ドリプラを始めることができたら・・そんな夢が心に芽生えました。

 〜すべての人が夢を語る社会に向けて〜 ドリームプラン・プレゼンテーション2009は、12月12日(土)東京開催とのこと。今から倹約してチケット代10,500円と交通費を捻出するぞ!!どなたか一緒にいきませんか?

 
この記事は役に立ちましたか?: はい いいえ
リンク元  (1)
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.