チケットあります
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
RSS送信

平成21年度 にいはま若者塾(生涯学習大学講座) : 若者塾:平成21年度若者塾を終えて(報告)
投稿日時: 2009-9-3 9:56:48 (3176 ヒット)

若者のハートにズシンと響いた夏
〜平成21年度若者塾を終えて〜


まちづくり協働オフィスは今年も(財)東予産業創造センターと連携し、新居浜市生涯学習大学講座「若者塾」を企画しました。主に高校生を対象に、市内の企業が持つ誇れる技術や、その経営者に触れることで若者に新居浜への誇りや愛着を持ってもらおうと企画したもので、今年で2回目になります。昨年のアンケートでは地元企業の見学を希望する声が多かったことから、今年は4つの企業のご協力をいただきました。快く見学、講師をお引き受け頂いた企業の皆様にこの場をお借りして深くお礼申し上げます。
 ただ、残念なことに4回のうち3回目の(株)曽我部鐵工所につきましては大雨警報が出されたためやむなく取りやめ。スタッフが社長からお話を伺いました。最終回の参加者には全体を通してのアンケートをとらせて頂きましたので掲載させて頂きます。

 



今回は記述式でも答えて頂きました。そのいくつかを挙げてみましょう。これらは何人もの参加者が同じ感想を寄せてくれたものです。
  ・自分たち若者でもまちづくりに関わることができることがわかって、行動を起こすきっかけになった。(第1回)
  ・「ものづくり」は「価値作り」という言葉に納得した。(第2回) 
  ・ひとつの製品にも多くの人が関わっていることに驚いた。これからはその努力に感謝して使いたい。(第2回)
  ・「成功するか失敗するかではなく、行動するかしないかだ。」という言葉が印象的だった。
  自分もおそれずアクションを起こしていきたい。(第4回)
  ・鳥の目と虫の目の大切さがわかった。(第4回)

企業の経営者から聞いたものづくり、まちづくりへの思いを若者はしっかと受け止めたようです。
現地での見学では社員の方たちの製品の完成度への真剣な取り組みに驚き、一方で経営者のお話に深く胸を揺さぶられた講座になりました。 (若者塾スタッフ)

コメントする
平成21年度 にいはま若者塾(生涯学習大学講座) : 平成21年度 第4回 「起業家マインドとは 〜若者に望む資質〜」報告
投稿日時: 2009-8-22 15:00:00 (3223 ヒット)

平成21年度 第4回 「起業家マインドとは 〜若者に望む資質〜」報告

日時:平成21年8月12日(水) 10:00〜12:00
場所:東予産業創造センター
内容:「起業家マインドとは 〜若者に望む資質〜」
講師:「株式会社シーライブ」・「リージョナルデザイン株式会社」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回のテーマは、『起業家マインドとは 〜若者に望む資質〜』でした。
最終日もたくさんの高校生たちが参加していました。

初めに、「株式会社シーライブ」の鈴木康士さんの講演でした。
会社の経営方針・品質方針・事業指針の説明がありました。

地域社会(組織)に活きるために
1.すべてはお客さまのために【SEALIVE】
2.「経営方針」Company mission・Company vision・Company poltcy

・双方向の共存共栄・意志の疎通と調和
・知恵を出し、自分で考え周囲を巻き込みながら挑戦していく

今は自分で考える時代・・・・失敗から成功を勝ち取る・日本人は右脳が強い、知恵は追い込まれないと出ない。
できる、できないではなくやるということが大事。

失敗は成功の素!できるかできないかではなく、やろうとするかであると言っていたことが印象的でした。

次に「リージョナルデザイン株式会社」の安孫子尚正さん講演でした。

社会起業家マインドとして求められるもの
・ベンチャー企業に不足しがちな「人・金・もの」は集合体となることで補える。
・仕事は創造と具現である。

必要な資質は創造と具現で、そこにしかない価値を見つけることが大切だと言っていました。

受講後、「若者塾を受講してよかった」「来年も来たい」「分かりやすかった」「今の新居浜を具体的に知ることが出来た」という意見があり、とても盛況でした!!

インターンシップ生  宮岡 亜実・黒石佳奈子

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントする
平成21年度 にいはま若者塾(生涯学習大学講座) : 平成21年度 第3回 「企業の進化の手順 〜歯車を通じて未来を切り拓く〜」報告
投稿日時: 2009-8-18 14:00:00 (3483 ヒット)

平成21年度 第3回 「企業の進化の手順 〜歯車を通じて未来を切り拓く〜」報告

にいはま若者塾    第3回 8月10日(月)曽我部鐵工所 
「企業の進化の手順 〜歯車を通じて未来を切り拓く〜」
 
残念ながら、大雨警報が発令中であり、第3回は中止になりました。
 近年の鉄工所は、製品の品質を確保するため、技術・技能者の個人的能力みならず、企業としての管理、連携・伝承のシステムとその運用など外部評価によって認証(ISO)されています。曽我部鐵工所もそのようなハイレベルの品質提供を意識した企業です。
 そこで、スタッフが曽我部謙一社長に、若者へのメッセージを直接お聞きしましたので、かいつまんで、報告します。

曽我部鐵工所とは
 ・「脱皮しない蛇は死ぬ!」曽我部鐵工所は変化の中で生き残ってきた
 ・いろいろな製品に手を出したが、失敗した
 ・扱う製品で会社が変わるわけではない
 ・会社を変えるのは、社長の考えを従業員に伝え、理解してもらい、
社内研修などで今までの考え方を変える必要がある。
すなわち、
  「会社に対する思いの強さが原動力!」
 ・会社には親父(厳しさを持った技術の伝承)と母親(生活や働き甲斐のフォロー)が必要と考えている
 ・今後は、品質を保証した部品の供給に留まらず、故障や破損に対する解析を行い、
   依頼主に提案できる製品づくりをしていきたい。

社長として
・ものづくりに関わる人に自信を持ってもらえる企業にしたい
・我が社を定年するとき「いい会社だった」と言ってもらえる会社にしたい
・「あの時、こうすれば良かった」とは言いたくない(思うだけでなく行動する!)
・「社員が辞めるのは仕方ない」とあきらめるのではなく、
「ものづくりは面白い」ことがわかるような会社にしたい
・過去にリストラ(社員削減)を行ったが、傷つくのは自分だった。「ただ、苦境を乗り越えれば良いのか?」社員みんなで乗り越えたい!

先人(人生の先輩)として
 ・「仕事は面白い!」と伝えたい!
・若者には賢さではなく、ガムシャラに活動して欲しい
・スポーツもルールや基本がわかると楽しい!勉強も虎の巻的How toに走らず、
  本質(原理・原則)を知って興味を持ってもらいたい
・多面的な思考を持って欲しい(そのためには基本が必要)
・ものづくりは、ちゃんとやることをやれば、ウソをつかない
 
企業人として
 ・教育界と話し合い、協力しながら、人材を育てたい
・年齢に応じた考え方が必要
・就職担当教員には「とりあえず、行け」ではなく、「この会社はいい会社だ」と送り出して欲しい

コメントする
平成21年度 にいはま若者塾(生涯学習大学講座) : 平成21年度 第2回 「超精密機械加工に活きる技術」報告
投稿日時: 2009-8-11 12:20:00 (3611 ヒット)

若者塾の第2回が開催されました。
日時:平成21年8月7日(金) 10:00〜12:00
場所:生涯学習センター研修室
内容:「超精密機械加工に活きる技術」〜金型設計・製作〜
講師:イズミ精機(株)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

若者塾
〜超精密機械加工に活きる技術〜


 はじめに、イズミ精機株式会社で容器を製造している株式会社ヤクルトさんの企業、製品のことについて話していただきました!

 イズミ精機株式会社では、ヤクルトの容器や小栗旬クンがCMしていたチョコの容器のフタなど、とても身近なものを製造していました。
地元でこんな工場があることをはじめて知りました><;
(スーパーに行ったら気にして見てみよっと♪)

製造工程を説明していただいた後、工場見学をさせてもらいました。作業員さんが何ミクロンの世界で1つ1つ丁寧に作業している姿がとても印象強かったです!!!!!

とても良い経験をすることができました!!
お忙しい中、説明見学させて頂きありがとうございました。

インターンシップ生  宮岡 亜実
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

   

 

コメントする
平成21年度 にいはま若者塾(生涯学習大学講座) : 平成21年度 第1回 「市民団体の連携・企業の連携によるまちづくり」報告
投稿日時: 2009-8-7 16:40:00 (3839 ヒット)

若者塾の第1回が開催されました。
日時:平成21年8月5日(水) 10:00〜12:00
場所:生涯学習センター研修室
内容:「市民団体の連携・企業の連携によるまちづくり」
講師:(財)東予産業創造センター・まちづくり協働オフィス 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まちづくり協働オフィス
「まちづくりに必要なモノから」
「まちづくりに必要なモノを提供するシステムとは〜 私(たち)にできること〜」
という講演内容でした。
まちを活性化させるには
 各種サービスの向上→住みやすい→まちへの愛着→人 口増
 もの作りに必要なモノ・・・「金(財政)・知恵(知 識の融合)実動パワー」である。
 地域に必要なモノ(者・物・事)を提供(サービス) する人(組織)がそのサービスを続けるためには、サ ービスに対する対価を払うシステムがビジネスであ  る。

まちづくりに必要なもの・・・QOLの向上→ニーズ→サービスの多様性への対応

キーワードは
≪高齢者パワー≫ ≪若者パワー(若者、よそ者、バカ者)≫ ≪愛着と誇り≫ ≪知識より行動≫

ということでした。

次に、財団法人 東予産業創造センター
 「ものづくり、ひとづくり」=「ネットワーク」
センターは、黒子のような存在で、企業や学校の支援をしている。


企業の連携

民間企業の助けで設立した。
小学校から高校、企業までも支援している。
(工作) (理科)

企業の売上アップで生まれる効果・・・税金を納める額が多くなる→道路・福祉にまわり、豊かになり
まちの活性化につながる。

・まちの発展には企業が影響する。
・互いの弱みは補い、強みは伸ばし協力し合う。
・住民もまちの一部で、頑張れば、まちも変わることができる。

普段なかなか聞くことのできないお話で、貴重な体験でした!
「みんなまちの一部、頑張ればまちも変わる」
「いろんなものを好きになり、興味を持つ」→「行動につながる」
とおっしゃっていたのが印象的でした。
ありがとうございました。

インターンシップ生 黒石佳奈子





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

印象に残った(良かった)ことを受講生にアンケートしました。




コメントする
平成21年度 にいはま若者塾(生涯学習大学講座) : 生涯学習大学との連携:平成21年度 にいはま若者塾
投稿日時: 2009-8-7 14:30:00 (2876 ヒット)



昨年度の引き続き今年度も、生涯学習大学講座「にいはま若者塾」の中に協働オフィスの講座を設けました。
次世代のものづくり・まちづくりリーダー養成です。
対象は、主に学生です。

第1回目

日時:平成21年8月5日(水) 10:00〜12:00
場所:生涯学習センター研修室
内容:「市民団体の連携・企業の連携によるまちづくり」
講師:(財)東予産業創造センター・まちづくり協働オフィス

コメントする
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.