チケットあります
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
お問い合わせ
新居浜市まちづくり協働オフィス
〒792-0023
新居浜市繁本町8番65号
TEL:0897-65−3158
FAX:0897-65−3157
info@niihama-kyodo.jp
地図
市制施行70周年記念事業 
みんなでコラボ 元気発信!まちづくり協働オフィス
リンクフリー
このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。直リンクはご遠慮ください。

Let’s まちづくり!inイオンモール新居浜
テーマ選択

(5 テーマ)
2017 | 11
スタッフ日記3  
2017年11月24日(金曜日)
18:21  すたっふM 
今回は石鎚みすゞコスモスさんの金子みすゞの宇宙〜いのちとこころの詩〜にお邪魔させて頂きました。開場直後から大勢の方が来られました。






 一部は石鎚みすゞコスモスさんの代表さんからの挨拶から始まり、参与の寺村さんの挨拶、感想文及び感想画の最優秀賞の授与式そして感想文の発表と続き矢崎節夫さんと田中美里さんのトークショーと続きました。






 感想文の発表では子どもたちの着眼点や読解力には驚かされました。







中でも『こだまでしょうか』と言う詩を読んでの感想文には目を見張るものが有りました。
そして、矢崎節夫さんのトークの中では512篇もの詩を遺した金子みすゞさんの詩のうち、お隣の中国の教科書には《いと》を含め2編掲載されている事を紹介されていました。
そして、「自分の言った言葉を初めて聞くのは自分なんだ」、「私とあなたではなく、あなたと私なんだ」や忙しい⇒心がさっている(心を亡くす)と言ったことや、こだまでしょうかの詩からは「お母さんの心音⇒こだま」からこだまがずれると生をさずかる事が出来なかった・・・生まれただけで100点、尊厳を先に持っている事を大人は忘れている、生まれてきただけで100点満点なんだと言ったお話から金子みすゞさんの詩を見ると自分の立ち位置がわかるといったお話が聴けました。田中美里さんからは、役者に一番大切なのは聞くことで「自分のセリフだけでは化学反応は起こらない」やこれから女優になるには日常生活が大事といったお話が聞けました。



2部からは田中美里さんの朗読を聞いてからの西村直記さんの演奏といったスタンス(朗読と音楽)のコンサートでした。
なんと西村直記さんはなんと日本人初のバチカンでローマ法王ヨハネ・パウロ2世の前で謁見演奏された方なんです!!



リンク元  (1)
(1) 
PopnupBlog 2.52 Redwood-820 created by Bluemoon inc.  
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS ProjectCopyright (C) Niihamashi-machizukuri-kyodo-office. All rights reserved.